あなたはパニック障害です!メイラックス錠を処方します!

こんにちは。鹿内です。

ここ最近、パニック障害の私の経験をお伝えしています。

前回まではメンタルクリニックに行こうと決心してクリニックの前まで行っても、中に入ることがなかなかできなかったことをお伝えしました。初めてのことはどんなことでも恐いモノですね。

でも、勇気を出して一歩前に進めて本当に良かったと思ってます。

私の場合、メンタルクリニックに行ったことで、パニック障害の克服が大きく動き出したからなんです。

では、続きをどうぞ。

 

1.前回からの続き

メンタルクリニックに初めて行ったとき。

簡単なカウンセリングをしてもらい、そのあとに精神状態が評価するようなマーク式のアンケートを書きました。

「普段憂うつな気分になることはないか」「発作が10分以上続くことはあるか」といったありがちな質問に答えていきました。

数日後。診断結果が出たということで、メンタルクリニックへ行きました。

メンタルクリニックの入り口を入る瞬間、「周りの人に見られてないか」とやっぱり不安でした。

どうしても伏し目がちになっていました。

当時の私はクリニックに行くことをなにか悪いことをしているように思っていました。

待合室で待っていると名前を呼ばれて通されてたところは、カウンセリングを受けた部屋とは別の部屋でした。

扉を開けたら、目の前に大きな黒い皮のイスが中央にあって、背もたれがこちら側を向いていました。

私が部屋の中に入ると、くるっとイスが回って、60歳くらいのおじいさんが座って、私のことを見てこう言ったのです。

「初めてまして。院長のXXXです。そちらにお座りください」

 

2.院長から言われたこと

私が目の前のイスに座ると、診断結果について話し始めました。

「先日の診断結果をお伝えします。このアンケートの目的は…(かくかくしかじか)」

目的を言ったあとに、診断名を教えてくれました。

 

「病名はパニック障害です」

やっぱりかー!となんだか安心感ありました。自分が思っていたとおり、自分はパニック障害だったんだ。

半年ちかくずっとモヤモヤしていたことが分かってホッとしたんです。

 

そのあと、院長からこれから飲むことになる薬の説明がありました。

毎日飲む薬としてメイラックス錠、不安感が強いときに飲む頓服薬の2種類を処方すると教えてもらいました。

「まずは2週間分出すので、ちゃんと飲むようにしてください。そして再来週お越しください」

なるほど薬か。まずは飲むようにしようとそのときは思いました。

帰りの電車の中では、すこしウキウキした気分になりました。

「これで、治るんだ!これでいいんだ」と思っていたからです。

医者の言うとおりにしていればパニック障害が治る、良くなるという気持ちでいっぱいのまま帰宅しました。

 

3.妻から言われた衝撃の現実

家に帰ってみると、妻が顔を青くして待っていました。

「ちょっとこれ見てよ!」「ちょっとこのブログを読んで!」

妻がスマホを私の顔に近づけてきて、こう言ってきたのです。

言われたとおり、ブログを読んでみるとこんなことが書かれていたのです。

ブログの著者は、私と同じシステムエンジニアで、私と同じように過労からパニック障害になっていました。

精神科へ通い始めたそうなんですが、10年以上のパニック障害が治っておらず、薬の量が増え続けてしまった結果、薬がないと外も出歩けなくなってることが書かれていたんです。

「こうなってしまうんじゃないの?クスリ止めた方がいいんじゃないの?」

正直混乱しました。さっきまで、通院を始めてこれから薬を飲めば治ると思っていたのに…。

院長は薬を飲めば治ると言っていた。でも片や、通院しても良くならず薬の量ばかり増えている人が実際にいる。

「俺はどうしたらいいんだ!」と軽いパニックになりました。

次にクリニックに行ったときに、院長に相談するしかないと思いました。薬を使わないでも良くなる方法はないか聞いてみようと思ったんです。

ドッと疲れました。プライドを捨ててやって通院を始められたのに、その通院というか薬は、悪手かもしれないのですから。

 

4.まとめ

次に院長に会ったときに、不安なことを相談してみるのですが、この相談が私のこれからの運命を決めました。

次回に続きます。


★無料メールマガジンに登録してください!





私が4年かけてパニック障害を治した濃い情報をメルマガ限定でお伝えてします。

メルマガではあなたからの悩みや辛いことについて質問も受け付けております。

まずはメルマガに登録してください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。